石垣島ダイビングTOP > ダイビングマメ知識

ダイビングマメ知識

耳抜きについて

ダイビングでで海のなかを潜るには「耳抜き」が必要です。ダイビングでの事故のなかでは、耳抜きができないことに起因するものが多いのです。
耳抜き
耳抜きができないと、次のような障害がおこることがあります。それは、耳痛、中耳炎(潜水性中耳炎)、耳閉感、鼓膜穿孔、外耳炎(海水によって細菌の繁殖が促され炎症が於きやすくなります。)、平衡障害(めまいや吐き気)、難聴(内耳障害)、、、などなど。耳抜きの仕方がわからない、できない、などは体験ダイビングなどの初心者やライセンス取得後間もない人に多いのですが、ベテランになってもありえるものです。

耳抜きが出来なくておきる障害を防ぐには、耳抜きが出来ない、とわかったらそれ以上は無理に潜らないことです。また、普段はできていても風邪や花粉症などでうまくいかない場合もありますので注意が必要です。事前にそのようなことがあるのであれば、ダイビング環境を理解している耳鼻科で治療をするとよいでしょう。

そして耳抜きの練習をして出来るようにすることも必要ですね。潜水中に耳の痛みや閉塞感を感じたら、無理せず浅いほうへ浮かんでくると症状が緩和することが殆どです。ほかの自然同様海中でも無理は禁物です。慎重な行動で事故や障害を防ぎましょう。

耳抜きを上手にやるコツ

綺麗な海
耳抜きを上手にやるコツは、早め、こまめ、ということにつきます。潜ることで耳が痛くなったり閉塞感が生じたりしますから、そうなる前に耳抜きをするのです。全く痛みもなく、何の変化も感じないうちから、海に潜り始めたらすぐに、1mおきに1度くらいこまめに耳抜きをしておきます。

そして耳抜きが出来ている、と自分で確認をしてからまた次の1mを潜ります。こうした対策はベテランでしたら誰もが知るところでしょうが、体験ダイビング時などには、きちんとこれを教えてくれて、耳抜きができていること、それに関する潜水ペースをきちんと理解し、判断を助けてくれるガイドがいるショップでないといけませんし、またショップはそうあるべきなのです。信頼できるショップを探しましょう。

さて、耳抜きの方法ですが、一般にはバルサルバ法が多いようです。鼻をつまんで内側から耳を塞ぐかのように、力んで鼻腔内の内圧を高め、耳管を通して中耳腔に空気をウッと送る方法です。しかし、毎回これをするよりも簡単なのは、フレンツェル法・トインビー法です。難しい名前ですが方法は唾を飲み込むだけ、というものです。

こまめに唾を飲み込んで耳抜きをし、それでは出来ないときに鼻をつまんで空気を耳に送る方法をしてみてください。

ウエットスーツの脱着

ウエットスーツの脱着に説明がいるほど難しいのか、と未経験者は思うと思います。あのウェットスーツを着るのは、Lサイズの人が硬く伸びにくいゴム製の全身タイツを着るようなもので、結構大変なのです。まずは基本編を順をおってご紹介します。
泳ぐときはウエットスーツを着ます

  1. 腰を掛けて足を通す。
  2. ひきあげて膝、股下を正しい位置でフィットさせる。たるみがないように、またねじれたまま引っ張り揚げていないか確認しながらひっぱりあげます。お腹まで引き上げましょう。
  3. 上着はまず片腕を通します。両袖を徐々に通すのではなく、肩袖ずつきちんと腕を通して着ます。残りの腕も、たるみのないよう腕を通します。
  4. そしてファスナーを閉めます。

フードつきのタイプは、両腕を通してからフードをかぶってください。これが基本編ですが、これをスムーズにするワザをご紹介。それはシャワーの下やホースで水をかけてもらいながら基本編をすることです。濡れると扱いやすくなるのです。脱ぐときもやはり、小さいサイズのものをパツパツに無理やりきているような状態ですので、ファスナーをはずしたら肩の部分をペロンと抜いてもらうと脱ぎやすくなります。腕のヒジが出るまでおろしてもらえば、もっとラクです。そして洋服とは違って行儀悪く裏返すように脱ぐと脱ぎやすいです。