石垣島ダイビングTOP > 石垣島南部のダイビングスポット > 午の方石(ファーピー)

午の方石(ファーピー)

午の方石は、ウマノファーピーと読みます。初級者から楽しめる浅くて安心して潜ることのできるポイントとして人気です。水深7~8mほど。白い砂地にはテーブルサンゴやハマサンゴが点在しています。

水深7~8mにあるるリーフにはケーブやトンネルもあり地形ダイビングが楽しめます。穴の中にはホワイトリップやナースシャークなどが潜んでいますし、アカマツカサやハタンポがたくさん群れ、ときおりネムリブカが潜んでいることもあり興奮の遭遇チャンスがたくさんです。

春にはコブシメのオスによるメスの取り合い、求愛、産卵なども観察でき、目の前で繰り広げられる生き物の営みに感動します。つまり地形派にもマクロ派にもおすすめのポイントです。ボートからのエントリーとなります。 ところで、この難しい読み方のポイントの名前ですが、実は大変なものです。

石垣島には国の天然記念物に指定されている「石垣島東海岸の津波石群」があります。その津波石のひとつが、「午の方石」なのです。現在石垣島の南西のウマノファ干瀬と呼ばれる堡礁にありますが、もとは1667年の津波で海岸に打ち上げられたあと、明和の大津波の引き波で数km離れた現在地に移動したものと考えられています。

南部のダイビングスポット

NO レベル ポイント名 内容
1 中級 桜口リーフ 初級者から上級者まで楽しめる、地形派におすすめのポイントです。ここは、石垣港からいちばんちかいポイントとしても知られています。
2 初級~中級 午の方石 初級者から楽しめる浅くて安心して潜ることのできるポイントとして人気です。水深7~8mほど。白い砂地にはテーブルサンゴやハマサンゴが点在しています。